戻る
 日頃の運動不足の解消のために、職場(学校等)や地区の仲間等との
レクリエーションで、心身のリフレッシュを図りませんか!
 互助組合では県からの委託を受け、教職員の心身の健康づくりを支援
しています。
対象活動申請手続留意事項活動事例

1 助成対象活動及び対象経費等
 (1)対象となる活動
   @ 所属(学校等)または地区単位等で行うレクリエーション活動
     ・学校主催のソフトボール、バドミントン、バレーボール、ボウリング大会など
     ・学校・PTA共催のソフトバレーボール大会など
   A 所属(学校等)または地区単位等で行う文化活動
     ・地域文化や郷土芸能に関する講演・実技。例えば郷土料理教室等
   B 地域行事等への参加
     ・地域で開催される各種イベント・スポーツ行事への学校又は地区単位等での参加
     ・ボランティア活動への学校又は地区単位での参加
 (2)対象となる経費
   消耗品、会場・機材用具借上料、機材運搬料、バス等借上料、通信費、トロフィー、
   盾、障害保険料、食材費(郷土料理教室等に係るもの)、参加費、講師謝金及び旅費
 (3)助成内容
   一人当たり1,500円を限度にその経費の一部を助成
2 申請手続き等
 (1)申請手続き
   実施日の10日前までに教職員地域厚生事業実施申請書(様式第1号)を提出。
   (随時受付中)
   なお、地区単位等で実施する場合は、開催案内文書、実施要項も併せて提出。
 (2)事業実施の承認
   ・申請内容を確認のうえ、互助組合から承認通知書を送付します。
 (3)消耗品の発注や講師依頼等
   ・消耗品にかかる経費は、業者の請求書に基づき、実施後に互助組合が業者へ支払いま
    す。請求書は、所属(学校)または地区実行委員会でとりまとめておき、実施後に実
    績報告書(様式第1号の4)等に添えて、提出してください。
   ・「傷害保険料」「施設利用料」については、実施前に関係業者等へ送金しますので、
    これらの請求書は実施前に提出してください。
   ・講師謝金。旅費は、実施後に直接講師へ支払います。(3.留意事項(1))
 (4)事業報告等
   所属長等は、事業が完了した日から起算して30日を経過した日または年度末にあって
   は、3月31日のいずれか早い日までに実績報告書(様式第1号の4)に次の書類を添
   えて提出。
   【報告に添付するもの】
    ・当該事業に係る請求書
    ・金額、振込先を記入した金融機関の振込依頼書
    ・(講師招へい時)旅費請求書及び口座振込依頼書(様式第1号の2)
    ・(講師招へい時)旅費内訳書(様式第1号の3)
    
  ※具体的な対象活動・対象経費を掲載していますので、参考にしてください。
  【事務フロー図】 教職員地域厚生事業について(PDF)
 (5)関係様式
    申請様式:gy201501.xls(89KB)
    記入例 :記入例(PDF)
3 留意事項
 (1)講師招へいに係る謝金及び旅費
   ・謝金単位(1時間当たり)5,500円
    ※30分以下の場合:1時間あたりの単価×1/2
   ・旅費は、県の支給基準に準じた取扱い。交通費の算定は、公共交通機関によることと
    します。
   ・講師謝金・旅費は、互助組合が直接講師の指定口座へ振り込みます。
    学校においては、謝金・旅費について、税控除のうえ指定口座に振り込まれる旨を
    講師に連絡しておいてください。
 (2)当該事業等を中止、廃止または事業の遂行が困難となった場合はすみやかに報告して
    ください。
    また、承認した助成額よりも支出が増える場合は、実施前に変更申請届を提出してく
    ださい。
 (3)事業の実施状況等について、県から資料の提出を求められた場合は、すみやかに提出
    してください。
 (4)実行委員会を組織し地区単位等で実施する場合は、参加対象者が特定したものになら
    ないように留意ください。
4 主な活動の実例
 (1)所属(学校等)または地区単位等で行うレクリエーション活動
   バドミントン交流会、ソフトボール大会、バレーボール大会、登山、
   ソフトバレーボール大会、ボウリング大会
 (2)所属(学校等)または地区単位等で行う文化活動
   ろくべえ作り、門松づくり、郷土料理教室
 (3)地域行事等への参加
   学校単位でのウォークラリーへの参加、地域で開催されるナイトソフトボール大会