厚生事業 戻る
■事業について
リフレッシュ支援
リフレッシュ支援
自己啓発支援
自己啓発支援
互助文化事業
互助文化事業
 ○カフェテリアプラン助成事業
 ○リフレッシュ活動費
 ○ランチセミナー
 ○北海道スキーツアー  
 ○生涯生活設計
(ライフステージセミナー・ニューライフプラン講習会)
 ○金融相談窓口
 ○公益目的事業
 ○互助文庫事業
 ■廃止事業
 (平成26年度)
 ○はりきゅうマッサージ等施術料補助
 (平成29年度)
 ○メガネ等補助
 ○指定旅館利用補助
 ○レクリエーション施設等利用補助キャンプ場利用補助
 ○芸術鑑賞等利用補助
 ○永年勤続記念事業
■事務手続きについて
請求手続き  全ての給付は所定の請求書様式に必要事項を記入のうえ、互助組合へ提出してください。
組合員の死亡  組合員の死亡に伴う各給付は、その遺族に対して行います。
 遺族の順位は、地方公務員等共済組合法第45条・第46条及び第47条を準用します。
 @配偶者及び子 A父母 B孫 C祖父母
給付の時効  給付の権利は、事由が発生した日から満3年をもって消滅します。
給付金からの控除  組合員に給付すべき給付金がある場合において、組合員が休職又は資格を喪失し互助組合に
支払う金額があるときは、その組合員に支給すべき給付金から控除します。
関連様式  こちら