指定旅館利用補助戻る
 組合員の保養を支援するために、九州各県の教職員互助団体が互いに所在地の宿泊施設
を調査して、安心・安全を確認した宿を「指定旅館」として紹介しています。
対象者 退職組合員又は準組合員
補助対象期間 毎年4月1日 〜 翌年年3月31日(宿泊日基準)
補助の内容 ・1泊につき 2,000円(組合員1人当たり)
・泊数の限度   3泊まで(組合員1人当たり)
・宿泊前申請方式 (宿泊後は補助対象外)
申請受付 毎日受付  ※受付確認の連絡はしていません。
補助対象施設 退職互助部ハンドブック 「指定旅館一覧」を参照
留意事項 ・同じ施設であっても、連泊できない場合は利用日ごとに申請書を作成してください。
宿泊後の補助券発行はできません。
・補助券は、宿泊以外のご利用には使用できません。(例 会食など)
・発行した補助券「利用者氏名」欄に記載されていない方の補助は無効です。
・旅行社を通しての予約、或いはインターネット予約やホテル会員としてのご利用は、
 補助券が発行できない場合があります。
・発行済みの補助券を利用しなかった場合は、必ず返却してください。
 (返却がなされないと、利用泊数の取消ができません。)
・20人以上でのご利用は、団体割引が適用される施設があります。(予約時に要確認!)
・補助券を利用しいない場合でも、お手元の「互助組合会員証」
 (退職互助部ハンドブック25頁参照)を提示することで、協定料金での宿泊が可能
 です。予約の際に会員証利用を申し出て、料金を確認し、チェックインの際にはフロ
 ントに提示してください。
★ 指定旅館契約施設の方へ 下記リンクから、請求書・口座変更届の様式がダウンロードできます。
○「指定旅館利用補助金 請求書」(PDFファイル 125KB)
○「振込先口座変更届」(PDFファイル 54KB)