支部事業戻る

 退職後は、お互いの親睦やつながりが大切です。
 県内外の17支部では、支部役員を中心に自主的な企画・運営により、
地域社会とのつながりのある諸活動や組合員相互の交流、学習会など、各
支部の特徴を生かした事業が実施されています。

支部組織 17支部 支部役員
県  内県  外
長 崎大 村東 彼壱 岐福 岡
佐世保平 戸南 高対 馬佐 賀
島 原松 浦下五島西 海 
諫 早西 彼上五島  
支 部 長
副支部長
幹  事
監査委員
事務局長

支部の役割・内容等
支部事務局 ○組合員同士の交流の要
○支部事業の企画・運営
(支部役員)
 支部長・副支部長・幹事・監査委員・事務局長
支部総会 ○支部組合員が全員参加の集会で、組合員相互の交流や学習会、
講演会・役員選出のほか、事業の計画と決算報告などを行う。
※年1回開催(6月)
支部事業 ○各支部の自主的な企画・運営
研修会や各種教養講座など、地域の特徴を生かした事業が実施
されている。
退互だより手配り広報紙「互助だより(退職互助部編)」(以下、退互だより)
を支部組合員のボランティアにより、組合員に直接手渡す
(手配りする)ことにより、組合員相互のふだんのつきあ
いを通して、病弱組合員への配慮をおこなっていく。
区・班活動日常的な交流、生涯学習など、それぞれの生活に役立つように
支部内を小地区単位にわけて温かいふれあいを目指す。