退職互助部とは? 戻る


 退職互助部制度は、教育関係者及びその配偶者の退職後の生活安定を図るため
医療給付を中心に組合員相互の連絡・親睦等の福利厚生事業を行うことを目的と
して、昭和48年7月に発足いたしました。

 制度発足以来、「健康・生きがい・経済」を柱として事業の充実を図り、側面
からの生活支援を行ってまいりました。また、県内外には17の支部が組織され
ており、組合員同士の日常的な相互交流・相互扶助や地域に密着した諸事業など、
自主運営による支部活動が行われています。  

 以下に「生活設計の3つの柱」、「現職と退職後の生活の違い」について説明があります。


生活設計の3つの柱 戻る


現職と退職後の生活の違い 戻る
現  職   退 職 後
病気の発生率が低い
●体力的な若さ、定期的な健康診断
病気の発生率が高い
●生活の変化・体の老化・運動不足等
職場中心
●いろいろなきまりの中での組織的な仕事
 職場を中心とした生活
●職場を中心とした人間関係・仕事・レジャー
家庭・社会中心
●個人・家庭・近隣・趣味・サークルなどが生活の中心
●孤独化等の防止が必要
●自由な暮らし、生活サイクル・家庭環境の変化への対応
自由時間が少ない
●土日・祝日等についても、自分の時間は少ない
自由時間が多い
●自分にあった創造的な生活が工夫できる
●うっかりすると時間をもてあましかねない。
自己充実のための積極的な取り組みや、社会参加の意識と
行動が必要となる
集団行動・集団思考
●職場・同僚・仲間などによる意見交換、
 情報を広く受ける
個人行動・個人思考
●一般的に、個人及び家族等の情報に限られる
●判断・行動に直接責任がかかり、本人の対応、心がけ次
第で生活は大きく変わる
諸手続きは、所属で
●所属を通じて、諸手続きがきちんと行われる
 共済組組合員証、年末調整など
諸手続きは、ご自身で
●共済組合や互助組合等への諸手続き、確定申告など、す
べて自分でしなければならない。請求しないと権利の放棄
に繋がる
月給が中心
●毎月の給料やボーナス中心
年金が中心
●一般に2ヶ月ごとに受け取る年金が生活費の中心
●現職中からの準備や退職金を運用して、定期的に
安定した収入を得ることが大切になる