退職互助部組合員、掛金について 戻る
組合員 現職組合員 満33歳から35歳までに退職互助部に加入した互助組合員
現職加入配偶者 退職互助部に加入した現職組合員の配偶者(扶養の有無は問わない)
退職組合員 満45歳以上で退職し、退互掛金を完納した互助組合員
退職加入配偶者 退職組合員と同時に退職組合員の資格を取得した配偶者







現 職 資格
取得
●毎年4月1日から翌年3月31日までに満33歳から満35歳に達した互助組合員で加入の申し出を行った方
●上記の配偶者で加入を希望された方
※満35歳以上で、他県・知事部局・国立学校からの異動や新規採用により、新しく互助組合員となり退職互助部に加入希望の方は互助組合員となってから3か月以内に申し出ることで加入可
資格
喪失
●現職組合員が45歳未満で退職したとき
現職組合員・現職加入配偶者が死亡又は離婚したとき
※現職組合員が死亡した場合は、現職加入配偶者も資格を喪失します。
退 職 資格
取得
満45歳以上で退職し、退互掛金を完納した現職組合員及び現職加入配偶者
資格
喪失
●退職組合員又は退職加入配偶者が死亡したとき
●退会を希望したとき
掛金 ※毎月の掛金
      給料の月額 (給料月額+教職調整額+調整額)×掛金率×240回 (20年)
        ※ 掛金率は、現職組合員単独又は現職組合員と現職加入配偶者それぞれ下記の率を合算したもの
掛金の率
 本人のみ加入 1000分の5
 本人と配偶者が加入 1000分の10
※一時払い掛金 (退職組合員の資格取得)
   45歳以上で退職し、納入回数が240回に達しない方は、退職前月の給料を基礎
   として残りの回数分を退職時に一括納入 (退職慰労金給付額から差し引く)